• 国土交通省航空局認定資格を取得する

SUSC無人航空機操縦士2級 in 宇和島
令和3年3月開催予定:4日間

※ ご注意
 この講習会は、事前に国土交通省の認可を得なければならない項目が有りますので、20日程前で、受け付けを締め切らさせて頂きます。
 事前にご了承ください。

会  場愛媛県宇和島市三間町三間公民館・国民体育館・運動公園多目的広場
(クリックすると地図が表示されます。)
開催日時令和3年3月開催予定:4日間
09:00 ~ 16:00 受付開始時間:08:45
受講費用155,000円(消費税別)
募集人数4名

SUSC無人航空機操縦士について

 セキドでは、日本国内でのドローンの健全な普及を推進するため、他企業に先駆けてドローンの販売から教育、アフターサービスまで包括的に業務を行って参りました。

 他社には無いこれまで蓄積してきた様々な経験を活かしながら、今後の新たな技術発展や法律改正などを含めて、スピーディーに、より柔軟に対応するSUSC(セキド無人航空機安全運用協議会)だからこそできる「無人航空機操縦士」資格取得制度です。

SUSC無人航空機操縦士2級取得のメリット

メリット1 新たな技術発展や法律改正など、ドローンを運用する為に必要不可欠な知識や能力を学べます。
メリット2 2級と3級コースでは、受講中に10時間を超えるフライト経験を積むことができます。
メリット3 認定インストラクターの的確な指導による、質の高いフライト技術を習得できます。
メリット4 自動操縦システム DJI GS Pro の使用方法も合わせて習得できます。
メリット5 国土交通省交通局への飛行許可申請を、一部省略することが可能になります。
メリット6 合格者には技能証明となる認定証とカードを発行。業務において技術証明を手軽に開示できます。
メリット7 2級取得の優遇措置として、セキドで販売している商品の一部を特別価格でご提供いたします。

※ その他、SUSC無人航空機操縦士のメリットの詳細や、各級毎の認定取得の優遇などは下記の専用ページをご覧下さい。

国土交通省への飛行許可・承認申請時に省略できる飛行方法の種類と比較

飛行方法SUSC
2級
SUSC
3級
D社J社
空港周辺の制限空域
地表又は水面から150m以上の高さの空域
人又は家屋の密集している地域の上空
夜間飛行
目視外飛行
人又は物件と30mの距離が確保出来ない飛行
催し場所上空の飛行
危険物の輸送
物件投下

2級コース受講対象者・条件

◆ 初心者の方から上級者まで、どなたでもご参加頂けます(相応のフライト技能が求められます)
年齢: 18歳以上
性別: 不問
視力: 両眼で0.7以上(視力矯正可)
聴力: 日常会話や無人航空機の動作音が認識できる事
色彩識別: 無人航空機の灯火の色(赤・青・黄)が識別できる事
その他: 無人航空機の運用に支障が出る身体的障害が無い事

2級コース受講費用+認定費用

◆受講費用: 155,000円(税抜)

※ テキスト代金を含みます。なお、テキストは講習初日に会場にてお渡し致します。
※ 受講費の領収書が必要な方は、受講申込時の備考欄へご記載下さい。お宛名の指定がない場合は、ご受講者様名で発行させて頂きます。

◆認定費用: 10,000円(税抜)

※ 合格された方は、受講費用とは別に、上記の認定費用が必要となります。
※ 認定費用には、「認定証・カード発行費用」が含まれます。
※ 認定費用の領収書が必要な方は、合格通知後にお申し付け下さい。
※ 認定費用のお支払いは、銀行振込となります。

技能証明のための認定書・カードの発行

合格者には、認定証と顔写真入りの技能認定カードが発行され、合格者であることを証明できます。(※ 写真はイメージ画像です。)

◆認定書・カード発行までの流れ

STEP. 1 合否通知 弊社より、受験日の翌月10 日頃に合否をご連絡させて頂きます。
※ 認定証・カードの発行は、合格通知と同時ではありません。
STEP. 2発行費用振込 試験に合格された方は、案内に従って認定費用のお振込みをお願い致します。
STEP. 3認定番号通知 発行費用のお振込みが確認された後、 弊社より 認定が通知されます。
 この通知をもって、正式認定となります。
STEP. 4認定証・カード発行 受験日の翌月25日頃に「認定証・カード」が発行されます。
 「認定証・カード」発行に時間が掛かりますので、予めご了承下さい。

3級受講プログラム内容

◆講習内容

座学実技
・安全基準・機体コンディションチェック
・禁止事項・安全確認
・電波及び気象・GPSなどに頼らない操縦技能
・法令・遠視力
・飛行運用ルール・左右スティックを組み合わせた動き
・DJI製品について
・DJI GS Pro 使用方法

◆試験内容

◎筆記試験内容

・座学講習及びテキストから出題

◎技能(実技)試験内容

1.機体コンディションチェック: プロペラ、ステータス等を確認する
2.離陸(P): 周囲の安全を確認してから離陸する
3.ホバリング30秒(A): 精度±50cm(優)、制度±1m(良)
4.右又は左のホバリング30秒(A):  精度±50cm(優)、精度±1m(良)
5.対面ホバリング30秒(A):  精度±50cm(優)、精度±1m(良)
6.遠方の指定された地点へ安全に着陸する(A)
7.対面で離陸地点へ戻ってくる(A)
8.8の字旋回(A): 正確に進行方向で8の字を描く
9.ノーズインサークル(A): 正確に中心を向き円を描く
10.着陸(P): 指定された地点へ着陸させ、モーターを停止し、電源を切る
※ (P):GPS・ビジョンセンサーが有効な状態で操縦
  (A):GPS・ビジョンセンサーを切った状態で操縦
※ 詳細につきましては、現場スタッフより説明させて頂きます。

2級受講スケジュール

日時プログラム内容
【1日目】09:00 ~ 16:00
受付開始時間:08:45
座学・実技講習
オリエンテーション
座学/安全基準、禁止事項、法令、他
休憩(ご昼食:受講者様各自でご対応)
実技/機体コンディションチェック 他
【2日目】09:00 ~ 16:00
受付開始時間:08:45
実技講習・座学
オリエンテーション
実技/安全運用 他
休憩(ご昼食 :受講者様各自でご対応 )
座学/DJI GS Pro講習 他
【3日目】09:00 ~ 16:00
受付開始時間:08:45
実技講習
オリエンテーション
実技/GPS等に頼らない操縦技能 他
休憩(ご昼食 :受講者様各自でご対応 )
実技/遠視力訓練、複雑な操作 他
【4日目】09:00 ~ 16:00
受付開始時間:08:45
実技講習+試験(筆記+実技)
オリエンテーション
筆記試験
実技/習熟訓練 他
休憩(ご昼食 :受講者様各自でご対応 )
実技/習熟訓練 他
飛行技能試験

※ プログラム及びスケジュールは、事前予告なく変更となる場合があります。予めご了承下さい。

当日の持ち物

■ 筆記用具
■ DJI GS Pro用デバイス(任意)
■ 保護グラス・送信機用ネックストラップ(任意)
※ その他、実技試験時に必要と思われる物は、お客様ご自身でご用意下さい。
※ 座学テキスト・DJI GS Pro運用管理ガイドブックは、講習日初日に会場にてお渡しします。

プログラム当日について

・フライトし易い服装でお越し下さい。
・保護グラス(目を保護するため)持参をお勧めします。
機体 ( Phanton4 Pro Ver2.0 ) は弊社で準備いたしますので、お持ち込み頂く必要はごさいません。
・飛行技能試験は、Phanton4 Pro Ver2.0 (実技で使用した機体)で行います。

注意事項

※ プログラムの中止につきましては、弊社側で判断致します。ご参加者様側で、ご判断なさらないようお願い致します。
※ 雨天の場合は、室内会場となりますので、雨天による中止はございません。
※ 中止の判断につきましては、実施2日前までにメールにて、ご連絡をさせて頂きます。
※ スマホ等による無断撮影及び録音は、厳禁とさせて頂きます。
※ 遠方からご参加されます方は、 西予市内、宇和島市内等近隣の宿泊施設に各自でご予約をお願い致します。
※ 講習会当日は、スタッフの指示に従って頂きますようお願い致します。万が一、従って頂けない場合は、退場して頂く事もございます。予めご了承頂きます。
※ 同業者の方のお申込みにつきましては、お断りさせて頂いております。また、当日ご参加頂いたとしても入場出来ない場合がございます。予めご了承頂きます。
※ 広報活動のための利用を目的とした、写真撮影・取材が入る場合がございます。予めご了承下さい。